黒ずみを作る原因になるVIO脱毛の怖いお話

VIO脱毛

VIOラインの脱毛はデリケートな部位の脱毛になるため、気をつける必要があります。
こちらではデリケートゾーンに黒ずみをつくらないためにも、黒ずみのもととなる脱毛方法について紹介いたします。

医療レーザー脱毛が黒ずみをつくることがあります

脱毛エステなどで行われる施術の方法の一つに医療レーザー脱毛があります。

確かにレーザー脱毛は脱毛効果が高く、ムダ毛を永久脱毛するのに最適な施術ではあります。しかしレーザー脱毛は皮膚の黒色や茶色に反応して照射するため、肌の黒ずみや色素沈着にも反応してしまいます。

敏感肌の人や乾燥肌の人のデリケートゾーンは刺激に弱く、レーザー脱毛の施術によって炎症を起こしてしまう可能性があります。レーザーを肌に照射すると、肌は一時的に火照り、軽く赤みが出ます。

通常レーザーでの施術のあと冷たいジェルやタオルなどで照射した部位を冷やし、火照りを解消させます。しかしデリケートゾーンなどの太くて硬い毛が密集している部位の場合、レーザーによる火照りが蓄積されやすく、炎症の原因になります。

肌は炎症などのダメージを受けると肌を守るために、黒ずみのもととなるメラニン色素を生み出します。そして時間が経つと黒ずみになってしまうのです。

もし今レーザー脱毛の施術を受けているのであれば、施術を受けた当日はなるべく肌に刺激を与えないようにしましょう。熱いお湯に浸かるのは避けたり、体温が上がる飲酒は控えたりするようにしてくださいね。

除毛クリーム、ブラジリアンワックスはVIO脱毛では避けましょう

自宅で除毛クリームやブラジリアンワックスでデリケートゾーンの脱毛を行っている人もいると思います。しかしあまりこの2つの脱毛方法は黒ずみができやすく、おすすめできません。

まず除毛クリームはデリケートゾーンに使用してはいけません。除毛クリームはチオグリコール酸などのアルカリ性の成分で毛を溶かします。そして毛を溶かす成分は毛と同じたんぱく質でできている肌も溶かす成分です。なのでデリケートゾーンなど刺激に弱い部位に使用すると大きな刺激になり、黒ずみのもととなります。

除毛クリームでのデリケートゾーンの処理はやめておきましょう。

またブラジリアンワックスでの脱毛の場合、ワックスを塗布した場所を一気に剥がして脱毛するため、肌へのダメージは大きく、肌を守る角質も剥がしてしまい、なかにはダメージの大きさから出血をしてしまう人もいます。

デリケートゾーンに対して大きなダメージを与えてしまい黒ずみができてしまうので、なるべくブラジリアンワックスでの脱毛も避けてください。

肌への刺激が少ない脱毛方法でデリケートゾーンは処理してくださいね。